スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










紫のエギについて



先日のコメントにもありましたが、
水温が急降下するこの時期、
紫系のエギのヒット率が高いような気がしませんか?

08.jpg


コレ、実は気のせいではないようなんです。

一般的に水温が低下すると海水の透明度は高くなります。
澄んだ水色には青系が強いのです。

逆に水温が上昇すると透明度が下がり、
赤系が強くなります。

紫は赤と青の合成色ですので、両方の特性を持ち合わせます。
従って、水温が安定しない晩秋から春先にかけての定番カラーとなる訳です。

あなたは信じますか?
信ずる者は救われるかも(笑)

そんな紫カラーのエギを使った本日の釣果。

091121_0917~0001

釣り人は王丸クン(^^)
エギはクリックス:プロスペック3.5寸
「ディープパープル」
場所は佐賀県肥前町波止です。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。